2016年2月に産声をあげた三越伊勢丹のオリジナルブランド、<SEKItoWA>。その舵取りを任されたのは、4名のメンズバイヤーたちでした。プロジェクトリーダーの飯塚裕之バイヤーは、ブランド創設の経緯について「オリジナルブランドは商品ありきで始まることが多いですが、この〈SEKItoWA〉は、商品はもちろん環境、PRなどを含めてブランディングに一貫した戦略を取り入れ、土台作りを徹底しました。その中で、バイヤー4名の目線がぴたりと一致したコンセプトが『掛け算と足し算の答え』、つまり、『積と和』だったのです」と語ります。〈SEKItoWA〉のアイテムには、すべてにこのコンセプトが取り入れられていますが、その取り組みには国内でオンリーワンの技術を持つ伝統工芸の職人や長年信頼されるメーカーしか参加していません。そこには、唯一無二の存在の掛け合わせが、100年続くような普遍的な価値につながるという想いが込められているからです。日本の、本当のラグジュアリーブランドを目指す〈SEKItoWA〉の第一歩は、こうして始まりました。

2016年のブランドテーマは「雅」と「粋」。

どちらも日本人の美意識を表現する狙いがあります。「雅」のラインでは、箔工芸作家の裕人礫翔氏にしかなし得ない金銀箔の技術を採用し、カシミヤのラウンジウエアや木桶技法で作られるシャンパンクーラーなど、今求められるライフスタイルに沿うアイテムとして昇華しました。「粋」のラインは、古の武士の七つ道具になぞらえた「男の七つ道具」をイメージ。現代の男性にとっての刀や兜をビジネスシューズやバッグなどと捉え、その一つひとつを「阿波の藍染」で知られる天然染料「蒅(すくも)」を使い、京友禅にも使われる「ろうけつ染め」で染色するという贅沢な掛け算で仕上げています。
ブランドのスタートと時を同じくしてオープンした、日本橋三越本店1階のブランドショップでは、早くもこれらのアイテムを求めるリピーターの姿も。モノとしての価値はもちろん、そこに込められた伝統の系譜や職人の哲学など、その物語に共感する方が多く来店されているそうです。なお、ブランドショップでは専任の販売スタッフも常駐し、お客さまの質問や興味に対してしっかり答えられる体制も整えているとのこと。ここにも、コンセプトを徹底するブランドのスタンスが表れています。



人をつなぎ、地域をつなぎ、道を切り開くブランド。

この秋冬は、さらに「漆」の技法に注目。「朧銀塗り」といわれる新潟漆器の伝統技術を使い、まるで金属のような質感を漆で表現したワインオープナーなどのキッチンアイテムから、武士の甲冑にも使われていたという兵庫県姫路の「黒桟革」を採用したブルゾンなど、さらなるオンリーワンの掛け合わせが続々と登場予定です。そんな中、ブランドスタートから半年が経った最近では、ユーザーだけでなく作り手となる全国の職人やメーカーから逆にアプローチを受ける機会も増えているといいます。自然な流れの中で、こうしたブランドへの期待の高まりや新しい出会いの輪が広がっていくことは、当初想定していなかったそう。日本全国で高い技術を伝承し続ける職人や企業の架け橋にもなっていく、それは「掛け算と足し算の答え」をコンセプトに掲げる〈SEKItoWA〉のブランドとしての大きな特徴といえるでしょう。

「将来は海外のラグジュアリーブランドと肩を並べたい」と語る飯塚バイヤー。そこには、10年、20年と時が経つにつれて、その価値がさらに高まるようなブランドにしたいという願いも込められています。そしてそれは、ブランドの成長とともに職人やメーカーの評価も高めることに他なりません。すべての技術、すべての人を「積と和」でつなげて、その先へ。ブランドの挑戦は、始まったばかりです。

<SEKItoWA>担当飯塚裕之バイヤー